ページを選択

“東北の魅力”を世界に発信する 『TOHOKU365 Project』

第2期企画 「銀河系最強の宮城県南を旅せよ!」 旅人が決定いたしました。

~ 2月1日から2月28日まで、宮城県南4市9町を周遊します ~

2ャ

東北地方のインバウンド観光開発・プロモーション事業を展開する株式会社VISIT東北(本社:宮城県仙台市、代表取締役 齊藤良太)は、昨年11月から募集を行っていた、東北の魅力を海外へ発信する『TOHOKU365 Project』の第2期企画「銀河系最強の“宮城県南”を旅せよ!」に参加する外国人旅人を決定いたしました。
今後は2月1日(水)から28日(火)まで宮城県南4市9町を全て周遊しながら、各地域の観光・名産品・郷土料理・温泉・Winter Sports・お祭り・伝統文化・人々の暮らしぶりなど“宮城県南の魅力”を発見し、写真・映像などを通じて情報発信を行っていきます。

VISIT東北は、今回のプロジェクトを通じて、東北地方への訪日観光客数を拡大させ、持続可能な経済発展と産業復興に貢献することを目指してまいります。

 

募集概要

内容: 宮城県南の13自治体(4市9町)を1ヶ月間旅しながら、観光スポット・文化・歴史・食等の魅力を海外に情報発信する。

企画: 第2期 「銀河系最強の“宮城県南”を旅せよ!」

・宮城県南地域の文化・歴史・観光スポット・食等魅力ある情報を発信。

・期間中は宮城県南の13自治体(4市9町)をすべて周遊。

・毎日1~3コンテンツを発信する。(写真撮影をメインとして素材を自治体へ提供)

期間: 【旅行期間】 2017年2月1日(水)~2月28日(火)

 

旅人情報

氏名 : Linyao Tang 唐林垚 (たん りいん やお)

年齢 : 26歳

国籍 : 中国出身

特徴 : 北京第二外国語大学(学士)、米コロンビア大学(修士)を経て、
プロカメラマン・ジャーナリストとして活躍。弁護士の資格を保有。中国ベンチャー企業の役員。
現在、清華大学及び東北大学在学中(博士課程)カメラスキル・文才において高く評価し旅人として選定。

 

【『TOHOKU365 Project』概要】

・東北地方の魅力を海外に情報発信する

・第2期企画 「銀河系最強の“宮城県南”を旅せよ!」

→スポンサーが拠出する100万円で28日間の自由旅行を実施する企画

URL https://tohoku365.com

 

▼ 参考) 『TOHOKU365 Project』実行委員会

実行委員長   : 株式会社VISIT東北 代表取締役 齊藤良太

副実行委員長  : stos design株式会社 代表取締役 大津 知士

株式会社uranomi 代表取締役 岡本 拓土

スポンサー: 宮城県丸森町(第2期企画「銀河系最強の“宮城県南”を旅せよ!」)

アドバイザリーボードメンバー :

江端 浩人 (事業構想大学院大学教授 兼 IMJ 執行役員CMO)

原 忠之  (セントラルフロリダ大学ローゼン・ホスピタリテイ経営学部准教授 兼

デイックポープシニア観光研究所主席研究員)

留目 真伸 (レノボ・ジャパン株式会社 代表取締役社長
NECパーソナルコンピュータ株式会社 代表取締役執行役員社長)

下苧坪 之典(株式会社ひろの屋 代表取締役)

佐々木 賢一(トライポッドワークス株式会社 代表取締役社長)

森戸 裕一 (サイバー大学 教授、一般財団法人ネットショップ能力認定機構 理事・事務局長

一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会 代表理事)

西脇 資哲 (日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員エバンジェリスト)

青木 優  (株式会社MATCHA 代表取締役)

戸塚 絵里子(株式会社パソナ東北創生 代表取締役 兼 一般社団法人HUB三陸 理事)

木田 広大 (株式会社ワン・トゥー・テン・ホールディングス取締役CCO、
株式会社インスピレート 取締役副社長)

 

▼ 参考) 主幹会社概要

会社名 : 株式会社VISIT東北

所在地 : 本社)仙台市青葉区中央1-2-3 仙台マークワン18階

設  立 : 2016年1月5日

資本金 : 2000万円

代表 : 代表取締役 齊藤 良太

事業内容 : 観光開発事業、WEBメディア運営事業、インバウンドマーケティング事業

U R L : http://visittohoku.com

<対訪日観光客Webメディア> https://tohoku365.com

 

▼報道関係者お問合せ

株式会社VISIT東北  Tel: 022-211-6221

担当  齊藤    E-mail: info@visittohoku.com